TOPニュース(平成29年)⇒5月14日

■平成29年5月14日(日)   月例登山会(稲尾岳・西口~打詰)

 平成29年5月14日(日)月例登山会(稲尾岳・西口~打詰)「清流と巨木の森へ♪天然記念物の稲尾岳を縦走しよう!」が開催されました。
まさに五月晴れといえるような晴天に恵まれ、標高800mビジターセンターで心地良い風に吹かれながら登山の準備を行いました。
「照葉樹の森のイベントには来るけど、ビジターセンターは初めて来ました。」というお客さんもおられましたが、「我々は職員は普段ここにいるので、いつでも遊びに来てくださいね。(笑)」と会話をしながら元気に歩きはじめました。
 新緑や普段見かけない花の咲いている樹木など、照葉樹の森ならではの自然を観察しながら進んでいくと、西口コース川の源付近でオオスミサンショウウオの子ども(幼生)も観察できました。
 自然石展望台、枯れ木三角点、稲尾神社と順調に進み昼食を食べ、午後の急な下山コースに備えてひと休み。下山路はすぐに急な下りがあり足元注意で進んでいくと、推定樹齢220年稲尾スギや、中の空洞に入って写真が撮れるスダジイの巨木大隅そろばんの材料にもなっていたイスノキの巨木など、大きな樹木にパワーを貰いながら無事に下山できました。途中の急な下りの連続で足が痛くなった人もいたのですが、みんなで助け合いながらの山行となりました。

~今回観察したもの~
「ムベ(うんべ)」「シキミ」「コハウチワカエデ」「ツタウルシ」「マムシグサ」「オオチャルメラソウ」「ナルコユリ」「ツリバナ」「オオスミサンショウウオ」「ヤゴ」「ツクシタニギキョウ」「ギンリョウソウ」「キンチャクアオイ」「キリシマテンナンショウ」「ハナミョウガ」「コクラン」など