「世界らん展」
当日券、果たして大人 \2,000 也は高いのか、安いのか?
「世界らん展」に行ってきました。(2003/2/22)
はじめまして、胡蝶蘭ショップ Swan 技術担当の今吉です。
去る 2003/2/22 出張で東京に行くことがあり、ちょうど「世界らん展」が開催中であることを知りました。 技術担当とはいえ、蘭のこともよく知らないと良いシステムは作れません。 良い機会です。行ってみましょう。
残念ながらデジカメを持ってきていなかったため、コンビニで FUJICOLOR の写ルンです 800 40枚撮りを買っていきました。 掲載されている写真は全てこれで撮影したものです。クリックしていただけますと別ウィンドウに大き目の写真を表示いたします。
受賞上位の蘭 胡蝶蘭だらけ 蘭の山 美しい蘭のディスプレイ
受賞上位の蘭、人が多くて近づけません。 いろとりどりの胡蝶蘭 すごい迫力 綺麗に飾られた様々な蘭。ここも人が多くて正面から撮れませんでした。
中国の蘭 日本の蘭 蘭の園 胡蝶蘭をボール状に
ちょっと趣の違う中国の蘭 日本の蘭、富貴蘭や長生蘭です。う〜ん、魅力的、虜になりそう。 こちらは蘭で作られたアーチのある蘭の園。ウットリ。 蘭で作られたボール状のディスプレイ。圧巻です。
大勢の蘭ファン 胡蝶蘭の山 胡蝶蘭別の角度から 胡蝶蘭の観覧車
初日のお昼前だというのに凄い人の数です。 入り口正面の山(?) 別の角度から。とてもカメラに収まりきれません。 車で様々な蘭が回っています。
レモン色の胡蝶蘭 輪数オーバー14の胡蝶蘭
花びらがレモン色の胡蝶蘭 輪数が数え切れません。これでまだ蕾もあるからすごい。
世界らん展 大人 1名 \2,000 は高いか、安いか?
【とても安いです】
蘭のことをほとんど知らないど素人の私でも十分楽しめました。見ごたえも十分です。
蘭と一口に言っても様々な種類のもの、様々な楽しみ方があることを知りました。

年配の方も多かったのですが、ドームの観客席の一部が休憩所として設けられており、皆さんゆっくり休憩しながら楽しんでおられるようでした。ただ、階段の上り下りはちょっとキツそうでしたが。

写真を撮るならズーム付きのものが必要と思いました。(あ〜ぁ、デジカメ持っていってればもっといい写真がたくさん撮れたろうになぁ〜)

【ここは何とかなりませんか】
とにかく人が多すぎます。近くでじっくり見たかったものもありましたが、なかなか近づけません。 「至宝の蘭」という展示などは長蛇の列で、私の場合時間切れで結局見ることができませんでした。
人気があって入場者が多いのは仕方が無いとして、もうちょっとディスプレイの仕方をどうにかして見やすくなるといいなあと思いました。

メニュー