胡蝶蘭の特徴と名前の由来
原産国は、台湾南部、フィリピン、インドネシア、パプア・ニューギニアなど赤道を挟んだ南北回帰線付近です。
樹木などに着生する単茎性で子株を出さないので株分けはできません。短い茎に楕円形で肉厚の葉を数枚交互につけます。花茎は葉腋から弓状に伸び、花は一茎に数〜数十輪つきます。
属名のファレノプシス(Phalaenopsis)はギリシア語のPhalaina(蛾)、opsis(似る)に由来し、花の形が蛾に似ていることにちなんでいますが、日本では蝶が舞っているように見えることから「胡蝶蘭」と呼ばれます。
技術の発展にともない一年中出荷されるようになり洋ランの中では最も多く生産されています。さまざまな行事の贈り物としてもよく使われる高級洋蘭です。
よい胡蝶蘭の見分け方
よい胡蝶蘭の条件として、下記のようなことが挙げられます。
  • 花は輪数が多く花弁に厚みと張りがあり、みずみずしく咲いているもの
  • 形は花が左右にバランスよく咲いており花の大きさにばらつきのないもの
  • 葉は艶と張りがあり全ての葉の大きさが整っているもの
  • 茎は太くて弾力があり根元から先端までまっすぐに伸びているもの
  • 基本的に花、茎、葉に傷や変色がなく見た目に全体のバランスがとれているもの
胡蝶蘭の育て方は?
胡蝶蘭の育て方
育て方のポイント、季節ごとのお手入れ方法などをわかりやすく解説しています。
Swan 胡蝶蘭の品質について
産地直送の新鮮さ、出荷時の丁寧な梱包など、[胡蝶蘭ショップ Swan] の品質をお確かめください。
蘭日記

メニュー