危ない頭痛の見分け方

危ない頭痛の見分け方

危ない頭痛とは脳の中に何かが起こって出る頭痛の事です。脳の血管が詰まって起こる脳梗塞(のうこうそく)、脳の血管が破れる脳出血、血管のコブが破れるくも膜下出血が怖い病気です。どれも脳の中に出血など脳以外の物質が出てくるため脳の圧力が上昇しています。脳の圧が上がると吐き気、頭痛が出てきます。

このような場合の頭痛の特徴は突然起こる頭痛であり、横になるとかえって頭痛が酷くなるものです。 一番の特徴は横になる事で悪化する頭痛です。横になって頭痛が軽くなる頭痛はまず心配いりません。

痛みが強い場合は頭の専門病院
(神経内科、脳神経外科の頭痛に詳しい先生)にご相談ください


くも膜下出血


脳の中の血管が切れて脳の表面に出血する場合を言います。
ほとんどの場合脳動脈溜(のうどうみゃくりゅう)と言う血管のこぶが破れて出血する場合が多いようです。最も危険な病気です。

頭痛の起こり方

頭痛が後頭部を中心に激しく意識がもうろうとして、激しい嘔吐がみられます。
救急車で運ばれる方がほとんどですが軽い頭痛だけの人もいますので何時もと違う頭痛を感じた時は専門医を受診する事をお勧めいたします。

対処

この出血の治療としては脳血管のこぶをふさぐ手術が必要です。手術での対応が必要になります。

先日も頭痛のみで歩いてみえたくも膜下出血の患者さんが受診されました。頭痛も左こめかみが痛くなりその後、後頭部が痛くなって受診。吐き気、嘔吐は全くありませんでした。
このような場合は専門医も問診だけでは病気を見落としてしまいます。精密検査が必要な理由です。


その患者さんのくも膜下出血の状態です。

脳腫瘍による頭痛


頭痛の起こり方

脳腫瘍も脳内にできたものと脳の外にできたものとの違いがありますが一般的には徐々に進む麻痺、言葉の障害、嘔吐です。徐々に進むがキーワードです。その他には早朝に頭痛が出る事も特徴です。
脳の圧がこの病気でも上がりますので横になると酷くなるのがやはり目安になります。

対処

異常を引き起こしている病気(できもの)を取り除くか放射線を当てる治療を行います。



脳出血


高血圧などで傷んだ血管が高い血圧に耐え切れずに破れる病気です。脳の中に出血します。
出血の量が多いと命にかかわります。脳梗塞も同様です。
出血が少ないときは手術をせずに自然に血液がなくなるのを待つほうが賢明です。むやみにメスを入れると却って脳にダメージを与えます。出血量が多く、機能の障害が大きいと手術したほうが命を助けると言う点では優れています。

対処

頭痛は出血がなくならないと痛みは取れません。



慢性硬膜下血腫による頭痛


頭痛の起こり方

高齢者の方が転倒したりして頭部を打撲すると1週間から5週間位の期間脳表面に血が溜まる病気です。起こりやすい年齢があるのが特徴です。
高齢者の場合は頭痛と伴に麻痺、言葉のろれつが回らない、ものわすれが多いようです。比較的吐き気は少ないです。
脳腫瘍と同じように徐々に血液が溜まります。症状の悪化も徐々ですが時間経過が脳腫瘍より短く症状がでると数日一週単位で進行します。

対処

溜まった血を取り除く手術が必要です。手術は比較的安全で小さな手術となります。




脳梗塞

頭痛の起こり方

最初は脳血管が詰まった症状が主です。麻痺、言葉がでにくい、めまいがするなどです。後々、傷んだ脳が腫れてきて頭痛が出て、吐き気がでます。やはり横になっていると痛みは酷くなります。

対処

詰まった血管の血の流れをよくするのが先決です。色々の血の流れをよくする点滴をしたり血管の中に小さな管を入れて流れを良くしたりします。頭痛は血の流れが良くなり脳の腫れが引かないと中々取れません。